施術する理由を明確に

カウンセリングを受ける中年女性

事前に決めておくべき事

ほくろ治療をする際に、最初に決めるべき事は一般皮膚科を利用するか、美容整形外科を利用するのかの2択になります。一般を選択した場合は、保険が適用されるので自己負担も少なくて費用を安く抑える事ができます。費用面だけを考えるとほくろ治療は一般皮膚科の方が良いように感じられますが、治療方法が液体窒素を使った治療になりますので皮膚に外傷が残ってしまう可能性があります。その点、美容皮膚科は炭酸レーザーガスを使って治療を行いますので施術後の後が残る事が少なくなります。麻酔も使用しますので痛みも少なくてすみます。しかし、保険が適用されない自由診療なために料金がバラツキがありますので慎重に選択する必要あります。事前にしっかりと調べてから決定するようにしましょう。通う医院が決定したらホームページなどに記載されている電話番号を見て予約するようにしましょう。当日は受付をして診療という流れになります。診療で気になっている事医師に告げるようにしましょう。料金等についての説明もありますので分からない事があれば質問してください。レーザーによるほくろ除去の施術を受けた場合には、2つの種類の施術方法があります。ルビーレーザーによる治療と炭酸ガスによる治療です。ルビーレーザーは、数回にわたり患部を照射してほくろの原因であるメラニン色素を破壊します。メラニン色素に吸収されやすいレーザーです。もう1つの炭酸ガスレーザーは水分に吸収されやすいのが特徴的です。ほくろに含まれている水分を除去する事で、1回の治療でほくろ細胞を除去する事ができます。いずれも皮膚の損傷を最小限に抑えた治療方法になります。ほくろの細胞が深部にある場合は再発してしまう可能性がありますが、再発の場合はルビーレーザーと炭酸ガスレーザーを組み合わせた治療を行います。悪性の疑いがある場合はレーザーではなく完全切除が必要になりますので手術によって除去しなければなりません。レーザーは自己負担となりますが、切除手術の場合は保険適用となりますので安心してください。費用に関しての相談は事前に医師と納得が行くまで話あいましょう。